拍手する

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

おらん(テーラードJK)製作日記 裁断

2011年05月15日 04:11

テーラードジャケットが作れない!という人が多かったので、参考になればと、レポってみようと思います。
途中で力付きたらごめんやで…

あと、あくまで自分はこう作っていますよってだけですので!正解ではなかったり、もっと簡単な方法があるかもしれません。
服飾系の勉強を一切したことのない、ど素人の作るコスプレ衣装の作り方なので、ご容赦ください。
つうか、もっといい作り方あるならわたしの方が教えて欲しいです…!!


まず裁断。
表が外側を向くように、縦に折った布の上に、型紙を敷いて重しをおき、ロールカッターでカットします。
こうすることで、左右対称の見頃が一度に裁断できるので、片方の見頃を二枚とってしまったりなどの失敗が避けれます。

またロールカッターは押して切ります。引いて切るとうまく切れない上、身体の方向に滑らせることになるので危険ですよー。



切りしつけ(4ミリほど布を切ってつけた印)をしたり、ボタン、ポケット位置などをチャコで布にチェックします。
切りしつけは布を縫い合わせる時の目印になるので、襟や見頃の背中心などに入れたりするチェックです。
袖の肩口合わせ部分などにもチェックします。



裁ちばさみでは難しいけど、ロールカッターでなら型紙通りの裁断が出来るのでオススメです。
刃はこまめにかえたほうが、快適に使えます。替えたての切れ味は最高(*´Д`*)裁断嫌いだけど替えたてのときはウキウキする!


襟の裁断。

表襟と裏襟の大きさは違います。

実は表えりが大きく、裏襟が小さいのです。

画像は表襟の型紙の上に、裏襟の型紙を重ねたものですが、端が若干はみ出てるのがわかりますでしょうか。


そんなわけで襟の裁断はまず表襟の型紙を使い、裁断します。

表襟の大きさの布が二枚とれました。

一枚は表襟として使うので横によけます。
残った一枚の上に裏襟の型紙をおき、はみ出た部分をカットします。


これで、表襟と裏襟の布がとれました。

あとは、型紙通りに布を裁断します。
接着芯は表襟、前見返し、裾見返し、ポケットの分を裁断します。
不織布の接着芯は伸びないので扱いが楽でおすすめです。

さて、裁断が終わったら早速縫う作業へ!
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。